ごあいさつ

小倉から荒戸、桧原の地へと、この地でもう、そんなに経つのかとしみじみ思います。子供達も色んな事を乗り越え巣立たせて頂き、今は親子で店を営わせてもらい、理容業の楽しさを教えて下さった方々に感謝です。側にいるだけですが、元気に役立って参りますので、これからもよろしくお願いいたします。

スタッフが丸わかりエピソード

 

-やめたいけどやめれない こと-

★マスターに頼み事をすると、やりっぱなしの事が多く。その後ろをついてまわって片付けるので、結局自分でするハメに。私もブツブツ言いながら行動するので、ブツブツ言わず、それを気持ち良く行いたい

-特技が増えるなら何が欲しい?-

★なんでもこなせる手の器用さが 欲しい。孫達が折り紙を楽しんでいるのをみていると、自分もパッパとできれば趣味として 楽しめるかも。 又それを活かせる かも…手先より 頭の問題かな?

やってみたいスポーツは?-

★ダンスです!音感もなく体も硬いですが、相手と呼吸をあわせリズムにのり全身使うことで自分自身の殻を破れのではないかと…一番の憧れです

-これは泣ける! (物語編)-

★アニメ映画「SING」観た方は分かるでしょうが父から受け継いだ劇場を盛り上げてく迄のストーリー。劇中で無一文になった主人公が 父と同じ仕事を始め その姿を友人が手伝って いく姿に涙しました。 おもわずDVDも購入しました

- 思い出の映画 -

★ソ連へ戦争に行き帰ってこない。主人を待ち続け、会いに行けば現地ですでに再婚し、子供も…影で泣きじゃくる妻。一面のひまわり。流れる曲。口が震えるほど泣かされた”ひまわり”

- 最近知った へぇ~ なこと -

★「清水の舞台から飛び降りる」ことわざですが、本当に飛び降りた方が234人もいるとか。地面からの高さは12㍍位で。生存率は85.4%と意外に生存率が高いそうです

 

 

 

戻る